1982年
3月、3作目の自主制作シングル"若き暗殺者"を発表。このシングルがいきなりインディー・チャートのトップに躍り出て、半年間の間首位を独走、一気にザ・スタークラブの名を全国に知らしめる。9月、インディーズ第4弾"SHUT UP"発表。人気を得出したと同時にアンチ・スタークラブ派の声も急増。セックス・ピストルズの模倣だと言う罵声に応えた名曲"GOD SAVE THE PUNK ROCK"を収録。これが人気に拍車をかけ、さらにインディーズ・チャートのトップを独走。
US
HOME